スポンサーリンク

網膜剥離手術体験

痛み、眩しさの原因は網膜剥離手術後のバックル感染とわかる

更新日:

150505_0940

5月10日は、網膜剥離では立派な業績のある転院先のクリニックの初めての診察の日でした。

手術して間もなく1ヶ月半になろうとしているのに目の痛みが取れなく、毎朝早く目が覚めてしまうので、寝られるだけは寝ようと睡眠薬を飲んで寝るのですが、痛みで目が覚めてしまい我慢が出来ずに、鎮痛剤を飲みに起きてしまいます。

そのようなことから転院して診ていただこうと予約を取ったクリニックは少し遠く、早めに出なければならないので、痛みがおさまるのを待って起き食事をして早朝の電車に乗りました。

通勤と重なる時間帯なので混雑を予想して乗ったグリーン車も、始発の電車でしたので最初はガラガラでしたが、いつの間にか満席になっていました。

スポンサーリンク

転院先で検査、診察で網膜剥離手術後のバックル感染がわかる

初めてのところなので予約時間に余裕を持って出たのですが、すぐにわかり予約時間よりかなり早く着くことができました。

評判どうりの混雑で待合室もいっぱいでしたが、間もなく視力検査や眼圧や網膜の写真などを撮りました。

スタッフの方はとても丁寧に対応してくださり、緊張感がほぐれました。

最後に院長先生の診察です。

ネットで写真は見たことがありましたが、その写真とたがわずとても穏やかな先生でした。

立派な先生は心も立派なのだと思えた瞬間でした。

私の目の痛みは化膿からきていることがわかり、転院して本当に良かったと思いました。

網膜はきちんと復位していて問題はないようですが、いままで診ていただいた先生は化膿していることがわからなかったようです。

紹介状を書いていただいた先生は、休日に紹介状を書いていただいたので診ていただいていませんが、痛みの原因が分かったことはとても嬉しいことでした。

どのようにするか先生もお悩みのようでしたが、取りあえず切開をして膿を出し5日くらいクラビット250mg2錠を夕食後1回、エンビナース・pカプセルを朝・昼・夕食後に2カプセルを飲んでみて、その後にどのようにするか考えようとのことでした。

またしても、私は立派な先生に助けられたことになります。

とても運が良いことだと思いました。

いま、これを書いていても、眼に膿が出ているのがわかります。

切開していただいたために出ている膿ですので、腫れと痛みは取れるのではないかと思っています。

見えにくいのは白内障があることと、復位した場所が落ち着けばもっと見えるようになるのではないかと言う事で安心しました。

その他靄がかかっていることも、心配してくているようでした。

これからは、こちらの先生にすべてを委ねて治療に通えることになりとても安心しました。

2013-05-10



スポンサーリンク

保険相談無料サービス

保険マンモス

保険会社に属さないアドバイザーによる、お客様の「保険料節約」と「保障の充実」を両立させるための無料面談サービスを全国展開。

面談を受けた方の中で「数百万円の家計節約をされた方」が急増しています。

保険GATE

パートナーFP全員がどこにも属さない中立な立場の独立系ファイナンシャル・プランナーから、保険の無料相談が受けられるサービスです。保険見直しの完了後の、担当FPによる電話・メールはもちろん面談による保険相談も全て無料で対応してもらえます。

保険クリニック

生命保険・医療保険・学資保険・老後の生活資金などの無料相談なら、その方にとって適切な保険を選ぶ相談ができます。それぞれに適切な保険会社を選ぶことができる来店型の相談窓口で、最適な保険に出会えます。

生命保険 見直し

-網膜剥離手術体験

Copyright© 網膜剥離手術体験と医療費 , 2018 All Rights Reserved.