スポンサーリンク

網膜剥離手術体験

緊急 網膜復位手術(強膜バックリング手術)

更新日:

0b7ceb1276ce307f9044b15e227ed397_s

緊急に入れていただいた手術は最後と言う事で、午後4時ころに手術室に入りました。

午前11時ころから点滴を入れていたので、緊張感はほとんどありません。

食事も飲み物も普通どうりで、局所麻酔なので食事制限がないことはお腹がすき過ぎると気持ちが悪くなる私には嬉しいことでした。

散瞳をして、点滴を入れていたので手術室までは車いすで連れて行っていただき、手術用の椅子に移りました。

スポンサーリンク

入院の次の日の午後、網膜復位手術(強膜バックリング手術)受けた

目の本格的な手術は初めてなので、床屋さんのような椅子での手術は興味深い経験になりました。

執刀の先生の介助に教授がついてくれて最後まで入念に見てくださっている様子が伝わってきて手術中はとても心強く、不安感は湧きませんでした。

その教授は網膜関係の名医とのことでしたので、なおさら安心感につながりました。

麻酔の注射が痛いと聞いていたのですが、さほどの痛みも感じることもなく、腕に血圧計が巻かれ、心電図その他の数値を見ながらの手際よい手術の様子が、教授と執刀医の言葉から感じられました。

教授の「薄いね。」という言葉を聞きながら、どこが薄かったのだろうかと今でも気になりますが、網膜のことだろうと思いながら聞いていましたが、聞く機会もありませんでした

手術時間は1時間くらいと聞いていましたが、少し長く感じられたころから、麻酔の注射が追加されたようでした。

そのころから少し疲れが感じられるようになり、早く終わってほしいという思いが募ってきましたが我慢するよりほかありません。

最後の方ではあまり慣れていない先生に教授が付いていたのでしょうが、糸が長いとか、ほつれているとか聞こえてきたことからとてもいやな気分になっていました。

終わりという言葉の後眼帯がかけられ、車いすに移り病室に戻ってきた時夫と娘の顔が目に入り、とても安心しました。

時間を聞くと、6時になっていたので、移動の時間を差し引いても1時間半くらいはかかったのではないかと思いました。

夕食が出ていましたが、座ることができないし何を食べても良いと言う事だったので、おにぎりを買ってきてもらい食べました。

それが後で大変な事になってしまいました。

少し食べておいた方が良いと思い、気分が良くないところに食べたので、夫が帰った後に吐き気をもようしてすべて吐いてしまっても、吐き気が収まらず、大変な夜を迎えてしまいました。

お医者さんが帰ってしまったために、吐き気止めはもらえず、脱水症状にならないための点滴をしてもらっただけでしたので、朝まで吐き気はおさまりませんでした。

それでも少しは楽になったころに、朝の診察によばれ、帰った後にも吐き気に襲われるというありさまでした。

朝食は取れず、夫が来てからプリンを買ってきてもらい少し食べ、夜はおかずだけ少し食べ、後はプリントと点滴というありさまで、術後2日目は過ぎていきました。

夕方吐き気止めのプリンぺランを飲み徐々に楽になり、少しずつ食べられるようになりましたが、同室の方には迷惑をかけてしまいました。

この吐き気は、メニエール症候群と突発性難聴による眩暈から来ているのではないかと思い、せめて手術の日くらいは個室にすればよかったという思いをあらたにすることになりました。

病室は4人部屋でしたが、私以外は糖尿病によるの方が3人でした。糖尿病網膜症の方が多いことを実感しました。

2013-04-09



スポンサーリンク

保険相談無料サービス

保険マンモス

保険会社に属さないアドバイザーによる、お客様の「保険料節約」と「保障の充実」を両立させるための無料面談サービスを全国展開。

面談を受けた方の中で「数百万円の家計節約をされた方」が急増しています。



保険GATE

パートナーFP全員がどこにも属さない中立な立場の独立系ファイナンシャル・プランナーから、保険の無料相談が受けられるサービスです。保険見直しの完了後の、担当FPによる電話・メールはもちろん面談による保険相談も全て無料で対応してもらえます。



保険クリニック

生命保険・医療保険・学資保険・老後の生活資金などの無料相談なら、その方にとって適切な保険を選ぶ相談ができます。それぞれに適切な保険会社を選ぶことができる来店型の相談窓口で、最適な保険に出会えます。

生命保険 見直し

-網膜剥離手術体験

Copyright© 網膜剥離手術体験と医療費 , 2017 All Rights Reserved.