スポンサーリンク

網膜剥離手術体験

網膜剥離手術後、右下側臥位での病院生活

更新日:

dc7ca2120ecde335cdddc1d3240406d0_s

手術前から言われていたことですが、手術室から戻ってきたときには、ベットの上に「右下側臥位」と書かれた紙が貼ってあり、当分はこの姿勢で寝なければならないようでした。

向かいに入院している方が、手術後のひどいときに背中に当てるクッションを借りた方が良いと教えてくれたので、看護師さんにお願いして退院まで借りることになりとても助かりました。

スポンサーリンク

網膜剥離手術後、右下側臥位との指示に背中に当てるクッションを借りた

これがかなり優れもので、寝返りを打つのを防いでくれたのでずっとその姿勢を保つことができ、安心して寝ることができました。

今考えても、これが無かったら、同じ姿勢を保つのは難しかっただろうと思います。

病院はなぜ最初から用意してくれないのか、また用意するように言わないのかが、いまだに不明であり、気になっています。

同じような病気で入院している患者さんとの繋がりは、とても大切で色々分からないことを教えていただけたり、不安な病院生活を楽しいものにしていただけるのはとても嬉しいことでした。

その方は何度か入院したことがあるようで、今回は簡単な手術とか、3泊4日くらいで退院してしまいましたが、大変なときにとてもお世話になりました。

その方が退院するまで、4人部屋の人たちは和気あいあいと入院生活を送り、その後も3人で消灯も忘て、様々なことを話し合いました。

年齢も離れていましたが、一期一会の出会いを喜び合いながら過ごした数日は、とても意義のある時間だったと思います。

同病だからこそ打ち明けられるようなことも多くあり、話すことによって心が洗われると言う事も多いと思いました。

悲しんでいた方も笑顔を取り戻せたのはとても嬉しいことでした。

そんな風に目が見えるようになることを願っていた入院でしたが、予定よりも早く私の退院が決まり、戻らない視力のままに退院することになってしまいました。

2013-04-11



スポンサーリンク

保険相談無料サービス

保険マンモス

保険会社に属さないアドバイザーによる、お客様の「保険料節約」と「保障の充実」を両立させるための無料面談サービスを全国展開。

面談を受けた方の中で「数百万円の家計節約をされた方」が急増しています。

保険GATE

パートナーFP全員がどこにも属さない中立な立場の独立系ファイナンシャル・プランナーから、保険の無料相談が受けられるサービスです。保険見直しの完了後の、担当FPによる電話・メールはもちろん面談による保険相談も全て無料で対応してもらえます。

保険クリニック

生命保険・医療保険・学資保険・老後の生活資金などの無料相談なら、その方にとって適切な保険を選ぶ相談ができます。それぞれに適切な保険会社を選ぶことができる来店型の相談窓口で、最適な保険に出会えます。

生命保険 見直し

-網膜剥離手術体験

Copyright© 網膜剥離手術体験と医療費 , 2018 All Rights Reserved.