スポンサーリンク

網膜剥離手術体験

網膜剥離手術後1年5ヶ月を経過ー眼瞼下垂の手術後母を見送って

更新日:

160506_3645

網膜剥離と分かって、緊急入院・手術を受けてから1年5ヶ月が経ちました。

今考えると、その間様々な心の葛藤がありましたが、やっと心の落ち着きを取り戻すことができました。

視力が思うように戻っているわけではありませんが、出来ることを見つめて行けばさほどの不自由もなく暮らせるようになりました。

視野が狭く足元が見えにくいため、足元の悪い場所は歩くのが不自由ですが仕方がないとあきらめることができました。

スポンサーリンク

眼瞼下垂の手術後母を見送って

その間に母が亡くなり、遠近感が分かりにくくなっていることは分かっていましたが、線香の火が付かないことにびっくりもしましたが、それも仕方のないことです。

母の介護のさなかの入院で、母を病院に連れて行くことがかなわなくなり、93歳の母が急に弱っていくのを守りながらの療養でした。

6月11日の眼瞼下垂の手術後は、弱っている母を訪ねることができ、手術後2週間を過ぎたばかりの29日に亡くなりましたので、ひどい目の状態でのお葬式になり大変でしたが、術後すぐで無くてよかったと思ったものです。

眼瞼下垂の手術後の経過は、人それぞれなのでしょうが、2ヶ月半になろうとしている現在やっと快方に向かったと実感しています。

余りに長いダウンタイムに、良くなるのだろうかと言う心配が付きまとっていましたが、今後は日薬で目立たなくなるのを待つばかりだと思えるようになりました。

左右の差は気にならないと言えばうそになりますが、最初から同じようにするのは難しいと聞いていましたし、私の許容範囲ですのでやっと大変な手術が終ったという思いでいっぱいです。

先生のお話ですと、白内障の手術は今後考えなければならないようですが、それはとても簡単なことに思えています。

取りあえず今後は、網膜剥離の経過を見るための診察を続けていけばよいのですから、やっと肩の荷を下ろすことができました。

大変な思いの中で、母のことも出来る限りはしたと思うと母も許してくれているような気がします。

最期は寂しくて大変な母でしたが、素敵な思い出をみんなに残して逝った母を誇りに、私も現状を受け入れて生きて行けそうな気がしています。

飛蚊症も慣れましたし、見えにくさにも慣れることができました。

人間の身体はとっても対応力があると言う事も感じています。

視力は良くなっていませんが、もう読めないのではないかと思っていた本も慣れのためか疲れるものの読めるようになりました。

網膜剥離にはならないですめばその方が良かったのでしょうが、そんな経験も私を少しは成長させてくれたような気がします。

それは生活に差し障りのない状態にまで、視力が戻ったことと信頼できるお医者さんに巡り合えたことがとっても大きく影響していると思います。

2014-08-22



スポンサーリンク

保険相談無料サービス

保険マンモス

保険会社に属さないアドバイザーによる、お客様の「保険料節約」と「保障の充実」を両立させるための無料面談サービスを全国展開。

面談を受けた方の中で「数百万円の家計節約をされた方」が急増しています。

保険GATE

パートナーFP全員がどこにも属さない中立な立場の独立系ファイナンシャル・プランナーから、保険の無料相談が受けられるサービスです。保険見直しの完了後の、担当FPによる電話・メールはもちろん面談による保険相談も全て無料で対応してもらえます。

保険クリニック

生命保険・医療保険・学資保険・老後の生活資金などの無料相談なら、その方にとって適切な保険を選ぶ相談ができます。それぞれに適切な保険会社を選ぶことができる来店型の相談窓口で、最適な保険に出会えます。

生命保険 見直し

-網膜剥離手術体験

Copyright© 網膜剥離手術体験と医療費 , 2018 All Rights Reserved.