スポンサーリンク

白内障手術体験

白内障手術体験の概要と翌日の診察

更新日:

160504_3685

白内障の手術は早朝9時30分からで、8時50分までにはクリニックに着くようにとのことでした。

手術日の3日前から、1日4回抗生物質のガチフロ点眼薬をつけて、感染症の予防に備えることと、手術の日はミドリンP点眼薬を2時間前からつけるようにと言われていたので、クリニックに着く前から点眼をして手術の準備をすることになります。

少し早めにクリニックに着いたので、3度目は待合室でつけることになりましたが、あまり待たずに名前を呼ばれて熱を測り、手術の準備に入りました。

網膜剥離手術から始まり目の手術は4度目になりますが、何度経験しても緊張するものです。

スポンサーリンク

白内障の手術の結果は人それぞれに違うようだが、先生を信頼してすべてを任せることにする

手術着に着替えて、血圧を測りましたが、緊張しているためかいつもより高めです。次は点滴ですが、私の血管は細いので、血管を探すのが大変でいつものことながら面倒を欠けてしまいます。

手術の前に点滴を受けていると緊張感がほぐれてくるので、術前の点滴には安定剤のようなものが入っているのではないかとそのたびに思いますが、本当のところは分かりません。

手術前に先生の診察があり、焦点距離などの確認がありましたので、迷いながら家の中で快適に過ごせるのではないかと思う50㎝くらいをお願いしました。

この距離はその通りになるのではなく、人それぞれに違ったところに頂点があうこともあると聞いていたので、手術後は眼鏡で調整すればよいと思っていました。

それよりも一番心配なのは、ひどい飛蚊症がどのよういなるのだろうかということですが、これもなるようにしかならないのだろうと覚悟を決めていましたので、効き目である、右目よりも、左眼の視力が良くなることの方が心配で、左眼の手術日は決めていません。

診察後は手術室に連れて行ったもらい、歯科医院の椅子のような手術台に座り、ベッドのようにたおされました。

若いころに局所麻酔で手術をしたことがありましたが、その時は普通のベッドで捕まるところもなく、不安定で震えが来て困ったことがありましたが。このベッドは肘掛があるのでそこに手を置くことで精神的に安心できるのがうれしいです。

そこで手術をする方の眼があいたものをかけられて周りにテープを貼られ、目を念入りに洗ってくれます。

心電図、脈拍計、血圧計がまかれて、少し待っていると先生が入ってきてまた何度か目に洗浄のような水をかけられ、麻酔が打たれて手術が始まります。

目の中が明るくなったりしていますが、なにも見えない状態で、下を向いて、右を向いて、左を向いてなどと言われるままにしていましたが、何をしているのかわかりません。

ただ、水晶体を砕いて吸引して、眼内レンズを入れるということは知っていましたのでそのような音がした時に、水晶体が砕かれているのだということと、吸引が終わり上下左右に目をむくように言われたときに残ったものがないか確かめているのだろうとは思いました。

その後、人工の水晶体が入ったのだろうと思った時に終わりになりましたが、ネットで見た手術時間が4分だとか、10分から20分だとかというのは、待っている時間、診察の時間、などかなりありましたので、実際の手術時間がどのくらいかは見当もつきませんが、診察室に呼ばれてから、様々なことをしていたのですが、着替えて出て着るまでに1時間少しだったようなので、手術そのものは短い時間だったろうと思いました。

その日は眼帯をしていたので、どのような状態なのかはわかりませんが、次の日の朝1番で診察があることと、家が遠いことからホテルの予約を取っていたのですが、ポテルに行くのは早すぎたために、待合室で待たせていただき、12時近くに予約していたポテルに入りました。

3日分の抗生物質のカプセルとロキソニンをいただきましたが、痛みは感じることが無かったので抗生物質だけを飲み、何もすることのない退屈な午後をうつらうつらしていました。

白内障の手術をした次の日は眼帯を外して視力、眼圧などを測り診察を受ける

白内障の手術をした目がどのようになっているのか気になっていた右目の眼帯を外してもらうことができました。

眼帯を外した目に飛び込んできた光はとても明るく、別世界のようだと思いましたが、今までとは違った見え方だということでも、別世界のようでした。

ずっと眼帯をしていたことから明るさは別世界のようでしたが、ネットなどで見たような感動的な見え方とは違って、焦点が合わない感じがしました。

すぐに眼圧、視力検査をしますが少し乱視があるような感じで、手術前に比べて視力検査のランドルト環がはっきり見えますが、裸眼では0.3くらいしか見えません。

矯正でもそれほどでないような感じですが、施術前に比べて、飛蚊症も少ないようですし、とってもクリアに見えます。

すぐに診察のための瞳孔を開く薬をさされたので、その日はそれ以上確かめることができませんでしたが、瞳孔が開く間トイレの鏡で見た目はそれほど赤くもなくほっとしました。

毛細血管が切れただけでも真っ赤になると書いてあったのを読んでたのですが、充血しなかったのは嬉しいことでした。

、私は網膜の状態も良くないので、健眼の人ほどには良く見えるようにはならないだろうと思っていましたのでかなり満足しました。

先生が診察の時に、少し乱視が出てしまったが、治りますからと言われたので、手術後の不安定な見え方も月日が解決してくれるのだとと思うことができました。

瞳孔を開いているのに、その日の電車の乗り換えのため階段を下りるのが楽だったのは目が明るくなったからだろうと感じながら帰ってきました。



スポンサーリンク

保険相談無料サービス

保険マンモス

保険会社に属さないアドバイザーによる、お客様の「保険料節約」と「保障の充実」を両立させるための無料面談サービスを全国展開。

面談を受けた方の中で「数百万円の家計節約をされた方」が急増しています。



保険GATE

パートナーFP全員がどこにも属さない中立な立場の独立系ファイナンシャル・プランナーから、保険の無料相談が受けられるサービスです。保険見直しの完了後の、担当FPによる電話・メールはもちろん面談による保険相談も全て無料で対応してもらえます。



保険クリニック

生命保険・医療保険・学資保険・老後の生活資金などの無料相談なら、その方にとって適切な保険を選ぶ相談ができます。それぞれに適切な保険会社を選ぶことができる来店型の相談窓口で、最適な保険に出会えます。

生命保険 見直し

-白内障手術体験

Copyright© 網膜剥離手術体験と医療費 , 2017 All Rights Reserved.