スポンサーリンク

白内障手術体験

白内障の手術は生活スタイルに合わせて焦点離を決める

更新日:

lgf01a201411160100

白内障の手術は簡単に考えがちで、すべて医師任せという方も多いのではないかと思います。

私は網膜剥離後の視力が落ちた目の白内障手術でしたので、どのくらい視力が出るか眼帯を外すまでは心配でした。

しかし、私の母も妹も白内障の手術の体験をしていたし、友人も白内障の手術はしていたので、話は聞いていましたが、それほど大変な手術だとは思ってもいませんでした。

自分が手術をするにあたっていろいろと調べて見ましたら、白内障の手術であっても術後の問題を抱えている方が多いことを知りました。

白内障の手術は、人工レンズを入れるのですから単焦点レンズを入れた場合、焦点が合うのは1か所であり、遠くにも、近くにも、中間にも焦点を合わせることができますが、そのほかは合わなくなります。

手術をした方に、どのあたりに焦点を合わせたかをお聞きしたことがありますが、分からないという方もいました。

スポンサーリンク

白内障手術後の見え方に納得できるか否かは自分の生活スタイルを知ることが必要

車の運転をするので、何気なく遠くが見えた方が良いと思って遠くに焦点を合わせたばかりに左右の見え方の差になじめなくて、眼内レンズの入れ替えをした方もいるようです。

また、縫いものや手芸などの手元を使う仕事が好きな方は手元が見えないことがストレスになって、レンズの入れ替えを考える人もいるようです。

単焦点レンズンほかにもいろいろなレンズがありますのでその一部の種類を書いておきます。

  • 単焦点の眼内レンズを入れるときは自分の生活スタイルと両目の釣り合いを考えて決めなければ後悔することになります。左右の焦点距離を変えるモノビジョンによる老視矯正を行っているところもありますが、一般的ではないかもしれません。
  • 現在は乱視のひどい方に乱視矯正のレンズ(トーリック眼内レンズ)を入れることができるが、それなりの技術が必要なので、乱視矯正のレンズ(トーリック眼内レンズ)の経験が豊富な眼科を選んだ方が良いことになります。
  • 多焦点レンズは焦点距離が2個所のもの、3か所のものなどあるようですが、健康保険は使えませんので、使うレンズによって自費になります。厚生労働省より先進医療機関に認定されているので、レンズによっては医療保険の先進医療に加入していれば医療保険で賄うことができます。しかし認定医になっているところ以外では先進医療保険手術を受けることができませんので認定医になっている眼科医で相談する必要があります。しかし多焦点レンズはピントが甘いなどの問題もある上に向き不向きがあるようなので、かなり注意が必要ですし、そのリスクを考えて使わない眼科医もいるようです。

単焦点レンズは気軽に遠くに合わせて、再手術で入れ直しをしている方もいるようですので、遠くに合わせる方は近くが見えなくなることを考えて決めなければなりません。

目が良い方で、老眼も進んでいない方が遠くに合わせた時には近くが見えなくて困ることになるようですが、老眼鏡をかける覚悟をしていれば問題は防げるでしょう。

また正視の方が近くに焦点距離を合わせた時には遠くを見るときには眼鏡かコンタクトレンズが必要になります。

人間は慣れが大きな部分を占めるので、老眼になれている方はそれまでの見え方に、近視だった方は近視寄りにするのが良いということもあるようです。

私は近視でしたので、少し近視を弱くしてパソコンが見えやすい50㎝くらいに合わせてもらいました。

思っていた距離に焦点が合うこともないようですし、術後少しずつ焦点距離が変わってきたという話も聞くので、あまり期待はできないと思っています。

白内障の手術をすることになったら、眼内レンズでどのように見えるようになりたいのかなどをきちんと決めて、自分が納得のいく眼科医を探すことが大切だと思います。

一度でもストレスの多い手術ですので手術、手術のし直しをしないでも済むように、様々なことを考えて決めておくことが大切です。

今後、白内障の手術法も眼内レンズも良いものができれば、選択肢も増えると思いますので事前に調査をしておくことは術後の満足度にもつながると思います。



スポンサーリンク

保険相談無料サービス

保険マンモス

保険会社に属さないアドバイザーによる、お客様の「保険料節約」と「保障の充実」を両立させるための無料面談サービスを全国展開。

面談を受けた方の中で「数百万円の家計節約をされた方」が急増しています。



保険GATE

パートナーFP全員がどこにも属さない中立な立場の独立系ファイナンシャル・プランナーから、保険の無料相談が受けられるサービスです。保険見直しの完了後の、担当FPによる電話・メールはもちろん面談による保険相談も全て無料で対応してもらえます。



保険クリニック

生命保険・医療保険・学資保険・老後の生活資金などの無料相談なら、その方にとって適切な保険を選ぶ相談ができます。それぞれに適切な保険会社を選ぶことができる来店型の相談窓口で、最適な保険に出会えます。

生命保険 見直し

-白内障手術体験

Copyright© 網膜剥離手術体験と医療費 , 2017 All Rights Reserved.