スポンサーリンク

白内障手術体験

網膜剥離手術後の白内障の手術は経過観察

更新日:

160427_3476

バックル感染になりバックル除去手術後2年が過ぎて、定期検診に行ってきました。

白目の傷はまだ赤く残っていますし、眼瞼下垂になって手術した目もよそ目には気が付かないと思うものの(眼鏡をかけているので)傷跡は残っていますし、視野が狭く、飛蚊症はむごいので網膜剥離になる前と同じというわけにはいきません。

慣れるという神が授けてくれた感覚はありがたいもので、それ以前と比べれば不自由でもかなり慣れてむごい飛蚊症も視野の狭さにもあまり気にしないで生活できるようになりました。

スポンサーリンク

予定していた白内障の手術はまだしないで済んでいる

網膜剥離手術後とてもひどい眩しさを感じていました。

今考えると、瞳孔を開いて日差しの中を歩いている感覚と同じようだったと思いますので、私にとってはかなりのストレスだったと今になって思い返しています。

それを、先生に話すと手術をしてくれた医師と病室担当の医師は白内障のためだと説明してくれました。

そんなことから、白内障の手術をすればこのまぶしさと見えにくさから解放されるのだと思い込んでいました。

しかし、転院して診ていただいたときにバックル感染がわかりバックル除去の手術をした後は不思議なことにひどい眩しさから解放されたのです。

その眩しさは飛蚊症のむごさと相まって外に出るのも辛いものでしたが、眩しさから解放されたことにより、見えにくさは残っていましたがとても楽になりました。

網膜剥離手術後にかなり小さく見えていた文字も普通に見えるようになり、眼鏡をかければ新聞も本も読めるようになったことはとてもありがたいことです。

手術をしなかった方の左目はかなり白内障が進んだようで右目より見えないくらいですが、ずっと視力の良かった手術をした右目で見ていたので左目の視力が少しでも良くなるとバランスが悪くなってしまうので手術はするわけにいかないので現在は両眼でも矯正で0.6くらいだと思います。

それでも網膜剥離がわかった時点で矯正で1.2だった視力が、白内障のためだけで落ちたのかどうかは私には推し量るすべもなく、今はどんな手術もしないで済めばそれに越したことが無いと思えるようになっています。

白内障の手術について考える

私は乱視と近視のために眼鏡なしで生活するのは厳しい状態だったので、眼鏡を作ることが出来た段階でとても生活が楽になりました。

その時は、白内障の手術をすぐにするのだろうと思っていたので、間に合わせと思い紫外線カットもコーテングも入れないであまりひどいレンズでないもので作っていただいたのですが、今になって思えは紫外線カットとコーテングくらいは入れておいたほうが良かったと思っています。

いつ白内障の手術になるかわからないと思うと不便でもない眼鏡を作りかえるのももったいないと思いますが、白内障の手術はしないで済むかもしれないと思うと複雑な思いでいます。

できることなら白内障の手術をしないで済むことを願っていますがこれは神のみぞ知るということでしょう。

私は他の方より遠近の調整機能が劣っているのか、眼鏡は決めた距離だけしかよく見えないので眼鏡の限界を感じてしまいますが、白内障の手術も同じで遠近の調整はできないのではないかと思ってしまいますがどうなのでしょうか。

現在使っている遠近両用は家の中では見えにくく、手元の眼鏡は近くしか見えないのでやはりパソコンや本を読むときしか使えず、視力のない裸眼でも家の中では眼鏡なしのほうが楽なので今の状態のほうが良いように感じてしまいます。

白内障の手術をしなければならないと思った時点でネット検索をしましたが、白内障の手術後に不便を感じている方が多いことも知り、とても簡単だと思っていた白内障の手術にもさまざまな問題があることを知り危惧していましたので白内障の手術にも心配は付きまといます。

妹はひどい乱視と近視で苦労していたようですが、片方が白内障になったのに眼科医の勧めで乱視も矯正して両眼の手術をしてかなり快適になったと喜んでいます。

知人の中では悪いほうの目だけを手術してバランスが崩れて見えにくいと言っている方も多いので、手術をする時の医師選びも大切だと思わざるを得ません。

私は自分が眼科医のお世話になる前は、白内障の手術はどこで受けてもさほどの違いはないだろうと思っていましたが、手術後の生活の質は医師選びによってかなり違うと今は思っています。

網膜剥離になってさまざまな経験をしたことによりいろいろと調べましたが、今は少し治りの悪い手術後の傷が目立たなくなり、今の視力を維持できて白内障の手術をしないで済むことが一番だと思えるようになっています。



スポンサーリンク

保険相談無料サービス

保険マンモス

保険会社に属さないアドバイザーによる、お客様の「保険料節約」と「保障の充実」を両立させるための無料面談サービスを全国展開。

面談を受けた方の中で「数百万円の家計節約をされた方」が急増しています。



保険GATE

パートナーFP全員がどこにも属さない中立な立場の独立系ファイナンシャル・プランナーから、保険の無料相談が受けられるサービスです。保険見直しの完了後の、担当FPによる電話・メールはもちろん面談による保険相談も全て無料で対応してもらえます。



保険クリニック

生命保険・医療保険・学資保険・老後の生活資金などの無料相談なら、その方にとって適切な保険を選ぶ相談ができます。それぞれに適切な保険会社を選ぶことができる来店型の相談窓口で、最適な保険に出会えます。

生命保険 見直し

-白内障手術体験

Copyright© 網膜剥離手術体験と医療費 , 2017 All Rights Reserved.